賃貸の入居率を上げる対策

インテリア

アパートやマンションの経営で重要なのは空室対策です。空室が出ると家賃収入がゼロになりますから、そうしないための工夫が必要です。直接的に効果があるのは家賃の見直しです。周辺の相場を調べて割安にすればいいのです。またネットの賃貸情報サイトに積極的にアップするのも、若者の入居者を獲得する効果があります。

詳細を確認する...

賃貸住宅と家賃

クレジット

家賃相場は、様々な要素によって決まっている。その要素としては、物件のある場所や地域、広さや築年数などがある。賃貸経営をするのであれば、周囲との比較が大きな課題となってくる。

詳細を確認する...

気軽に投資できるシステム

不動産会社

みんなで大家さんはその名の通り、複数の出資者を集めて不動産投資を行うシステムです。不動産投資は様々なデメリットがありますが、みんなで大家さんではそのデメリットをカバーしており、気軽に不動産投資をすることが出来ます。

詳細を確認する...

将来に残す不動産投資

部屋を貸して家賃を得る

マンション

アパートやマンションなどの物件に対し、近年賃貸経営が注目度を高めています。物件の所有者として各部屋を貸付ることにより、毎月一定した賃料収入を得ることができる不動産投資となるのが特徴です。賃貸経営では、株式投資などとは異なり、不動産という資産を将来的に残すことができるのもポイントであり、購入した物件をはじめ、一棟マンションなどは建物のみならず、土地が将来まで残せるのも特徴となります。結果、不動産投資となる賃貸経営で購入した価値は株式などと違い、ゼロにならない魅力が投資家から注目されています。また入居率が高いアパート経営の場合、建物には約50%、土地には賃貸の場合には評価額から更に数十%の税金を抑えた控除を受けることができながら、家賃収入も同時に得られるなど、相続や贈与にも有効的な不動産投資となります。

投資資金を借り入れる

不動産投資の1つとなる賃貸経営では、例えば、サラリーマンなどの資金繰りを困難とする投資家に対し、借入を行う一工夫で、自己資金が少なくても大きな投資を行うことが可能となります。厳しい審査基準による金融機関においては、融資不可となる投資が多いものの、唯一不動産投資は不動産を担保にすることができるメリットがあるため、金融機関から購入資金を借入れできる魅力が挙げられています。この一工夫によって、資金繰りに難色を示す若い世代も少額となる自己資金で、最大値の利益を生み出す不動産を購入することができるなど、高い利回りとなるレバレッジを利かせることが可能です。利回りの良い物件に出会うか否か、それは運次第であり、直ぐに購入したい場合に適した利用と言えます。